空き家や空き室で副収入を|不動産投資の初心者はワンルームマンション投資から始めよう

不動産投資の初心者はワンルームマンション投資から始めよう

空き家や空き室で副収入を

説明

ホストは忙しい

airbnbは新しい宿泊の形として広く根付き始めていますが、海外からの宿泊客が多いという特徴があるため、問い合わせの際にも主に英語や中国語での対応が求められた理、予約済みのゲストの受け入れやチェックアウト後の掃除などの管理に多大な手間がかかってしまいます。仕事をしながら副業としてairbnbで空き部屋や投資用のマンションを登録している人も少なくありません。本業に影響が出るようでは副業の意味を成しませんので、代行業者に依頼をしてしまった方が良いと言えるでしょう。airbnbの代行業者は日本全国対応しているところも多いので、都市部以外で空き家を持っているというような場合にでも利用することができます。

しっかりと比較しよう

airbnbの代行業者はそれを仕事としていますので、契約を行って実際にゲストが宿泊した場合、宿泊料金の何割かを代行料として支払わなければいけません。売り上げの10〜30%+清掃料金というところが多いのですが、airbnbは自分の家の1室を貸し出すというケースもあり、そのような場合にはメール対応だけを行ってくれるという代行業者もあります。自分がどのような形態で部屋を貸し出すかによって、契約する代行業者を探した方がお得になるケースが多いです。また、同じ料金であってもさまざまなサービスがついていることもありますので、価格だけではなくどのような対応をしてくれるのかをきちんと理解したうえで、代行業者を選定することが大切になってきます。